ホーム » 非日常が愉しめるホテルステイのすすめ

非日常が愉しめるホテルステイのすすめ

 |  | 

リゾートを満喫するには国内外問わず南の島へ行ったりしますが、今日は忙しい現代人が手軽にできるホテルでの大人あそびを伝授します。
もちろん、自身が経験してきたものを書きますのでご安心ください(^-^;

 

自分が住んでる都道府県のホテルに泊まることはあまりないでしょう。というか普通は考えませんよね。しかーし、これが意外に使えるのです。

そこで、筆者おすすめのホテルをご紹介します。

 

神戸ポートピアホテル

ブログ 非日常が愉しめるホテルステイのすすめ

 

おすすめの部屋は、サウスリゾートフロア 南館6~10F、12~15Fです。
特徴は、南館なので全室オーシャンビューで、フィットネス&スパ「ルアナ」が1,200円で利用できます。アクセスは悪いですが、三宮から専用バスも出ていますので意外に便利ですよ。
レストランは、鉄板焼きの但馬がおすすめです。
料金はダブルで30,000円~45,000円

 

URL:https://www.portopia.co.jp/

 

 

神戸メリケンパークオリエンタルホテル

ブログ 非日常が愉しめるホテルステイのすすめ

 

おすすめの部屋は、アウトドアリビング グランデオーシャンです。
特徴は、デッキバルコニーが広くリゾート感をたっぷりと味わえます。さらに南側を予約すればオーシャンビューで、最高に気分のいい朝食がとれますよ。

 

残念なのが現在休業中のプール・サンデッキ(ジャグジーあり)、ここはデッキチェアもあって本を持ち込めば映画スターのように気取れます。
神戸観光の拠点にもなる抜群な場所にあります。
料金はダブルで59,400円~

 

URL:http://www.kobe-orientalhotel.co.jp/

 

 

大阪ベイタワーホテル

ブログ 非日常が愉しめるホテルステイのすすめ

 

おすすめの部屋は、最上階のスイートになります。
夜景好きには価値あるホテルで、何といっても客室最上階の50階(地上200m)にあるこの部屋からは最高の夜景が眺められますよ。ちなみに、大阪市内にあるホテルとしては一番高いところにあります。
料金は、非常にお安く、平日なら、25,000円~で休日前でも44,000~(ツインのみ)

 

URL:http://www.osaka-baytower.com/

 

 

あまみ温泉南天苑

ブログ 非日常が愉しめるホテルステイのすすめ

 

ここの一番の特徴は気軽に旅行気分を満喫できるところです。何と、南海なんば駅から38分で行けるのです。日帰りプランもあるのでシーンによって使い分けて愉しめますね。
また、天然温泉ですし個室にて料理が味わえるので贅沢感は格別です。大人だなと感じられること間違いなしです。

料金は、50,000円~(料理付き)で様々なプランが用意されています。

 

URL:http://www.e-oyu.com/

シェア